ニキビ跡は3種類ある

ニキビを放置してしまったり、十分なニキビケアができていないとそのニキビと周辺の肌にニキビ跡ができてしまいます。

実はこのニキビ跡は症状によって3種類に分けることができるということは知っていますか?

ニキビ跡の種類によって「症状の進行度合い」と「原因」、そして「治療法」が変わってきます。

どれも簡単に見分けることができる特徴を持っているので、当サイトとしてはしっかりと把握しておくことをオススメします。

ニキビ跡は次の3種類に分けることができます。

下になるほど治療が難しく、また治療にかかる時間も長くなっていきます。

赤みがかったニキビ跡

1普通のニキビ肌と見分けづらい。

しかし、触ってみるとニキビ肌とは違い平らであり、炎症している訳でもないのが特徴。

色素沈着しているニキビ跡

ニキビ肌にシミができたかのように変色してしまった状態。

アザのように紫色に色素が沈着する場合とシミのように茶色く色素が沈着する場合があるので要注意。

凸凹クレーターのニキビ跡

もっとも有名かつ治療が難しいニキビ跡。

ニキビケアをするのに美容皮膚科だとかなりのお金を必要とするが、自宅で行うことで半分以下の出費で行うことができる。

どれも3ヶ月を目安に治療可能

当サイトの目的は「3ヶ月を目安にニキビケアを行うこと」です。

もちろん、ニキビ跡も例外ではありません。

治療が簡単な赤みがかったニキビ跡はもちろん、元のつるつるな肌に戻すのが難しいと言われている凸凹クレーターのニキビ跡でさえ3ヶ月で治す方法を紹介しています。

ニキビ跡の治療で種類とわず必要な方法

化粧水/美容液/その他ニキビ用化粧品

自宅でのニキビケアの肝と言っても過言ではない化粧水や美容液は、もちろんニキビ跡の治療でも使います。

選ぶ目安としては「保湿・吸水作用が高いもの」と「ビタミンC誘導体を含んでいるもの」を選ぶようにしましょう。

種類が限られてきますが「美白作用にも期待できるもの」だとなお良しです。

当サイトイチオシのニキビケア方法で、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

種類が多くあるので初めての購入の際には【化粧水・美容液・スキンケア用品】を参考にすることをオススメします。

洗顔フォーム/洗顔パック/その他洗顔料

ニキビ用化粧品と同じくらいニキビケアで重要なのがしっかりとした洗顔。

その洗顔の質を向上させるのが洗顔フォームや洗顔パックです。

肌の環境を整えることが目的であり、刺激が強すぎる洗顔フォームや肌を傷つけるような洗顔はしないようにしましょう。

美顔器

ニキビ跡は種類に関係なく大なり小なり肌の表面が硬くざらついています。

そのざらざらとした肌をなめらかにするために美顔器を使いましょう。

自宅で美容皮膚科と同じような美顔効果を経験できるのにもかかわらず、肌へのダメージは0なので今注目が集まっています。

少々値が張るものの一生ものであるため長期的な目線で考えればコストは低いです。