赤みのあるニキビ跡は早く治す

いくつかあるニキビ跡の種類の中でもっとも症状が軽く治療が簡単なのが【赤みのあるニキビ跡】です。

ニキビがある部分の皮膚が赤くなった場合、このニキビ跡の存在を疑ってください。

ニキビ跡ができるとはたから目立つようになりますが、それは赤みのあるニキビ跡も例外ではありません。

見ただけだと肌が赤くなっているだけなのでニキビができている時の肌と変わりありませんが、触ってみると赤みのあるニキビ跡がある肌は平らなのに対して、ニキビがあって肌が赤くなっていると確実に炎症を起こしているのでぼこぼこした肌になっています。

そのため、一見するとニキビかニキビ跡か分からない症状ですが、触ってみればすぐにわかることなので刺激しすぎない程度に確かめることは必要です。

赤みのあるニキビ跡は症状が深刻なものではなく赤みのある見た目も化粧でカバーすることができるため放置されがちですが、悪化して症状が進んだニキビ跡になりやすいという性質を持っています。

そのため、赤みのあるニキビ跡に対しては早期発見・早期治療を心掛けましょう。

赤みのあるニキビ跡の原因と治し方

赤みのあるニキビ跡の主な原因は毛穴周辺のうっ血です。

ニキビ(種類は問わない)肌が傷ついたり炎症を起こしてしまうと、その周辺の肌はうっ血しやすくなります。

つまり、赤ニキビはニキビ肌に何らかの刺激が加わることでできてしまうのです。

このニキビ跡の赤みはうっ血の末に破裂した毛細血管によるものということです。

この赤みのあるニキビ跡の治療は早ければ早いほど効果がありますし、難易度自体もそう高くはありません。

そもそも毛細血管周辺のうっ血を治療すれば済む話です。

この肌のうっ血を治すには肌の正常なターンオーバー(生まれ変わり)が必要になってきます。

このターンオーバーは28日間のサイクルで行われますがニキビができていたり毛細血管がうっ血してたりするとこのサイクルが乱れてしまいます。

そして、このターンオーバーの乱れはニキビ用の化粧水や美容液などを使って治療を促進することで正常なものに戻ります。

つまり、赤みのあるニキビ跡を治すには以下のポイントに気を付けることが大事ということです。

  • ピーリング効果のあるニキビケアをする
  • 保湿作用&吸水作用を高める
  • イオン導入をする

以上のことに気を付けたニキビケアをすることでターンオーバーの正常化が促されるので赤みのあるニキビ跡の治療が早くなります。