背中ニキビで健康状態を調べる

皮脂のつまりや毛穴の汚れによって背中ニキビはできますが、実はそれ以外のことが原因で背中ニキビができてしまうことがまれにあります。

それは内臓疾患の初期症状として背中ニキビができてしまう場合です。

特に女性の場合、この内臓疾患は卵巣異常の可能性があるので背中ニキビができたら簡単なものでも良いのでメディカルチェックを受けることをオススメします。

背中ニキビと関係している内臓疾患は以下の通りです。

  • 肝臓機能異常(肝炎、肝硬変など)
  • 卵巣機能異常(排卵障害、ホルモンバランスの乱れなど)
  • 副腎機能異常(低血圧、疲労しやすくなるなど)

内臓疾患の発見が遅れてしまうとニキビケアとは比べ物にならないほど難度の高い治療(場合によっては手術)が必要になってきます。

そのため、背中ニキビの治療がなかなかうまくいかない場合は専門のクリニックで原因を探りましょう。

なぜ内臓疾患が原因で背中ニキビができるのか

そもそも、なぜ上述したような内臓疾患が原因となって背中ニキビができてしまうのでしょうか。

その理由は以下の通りです。

  • ストレスの蓄積によるホルモンバランスの乱れ
  • PMSの乱れ
  • アトピーなどのアレルギー症状
  • ステロイド剤を長期服用している場合

特に「ストレスの蓄積によるホルモンバランスの乱れ」と「PMSの乱れ」は現代社会に生きる女性にとっては身近な問題であるため注意が必要です。

こういった特徴があるから背中ニキビは他の部分にできるニキビとは違い健康被害のバロメータとなります。

そのため、背中ニキビの存在に気付いたら放置することなくニキビケアに励むようにしましょう。